創業天保2年 永平寺御用達 米五のみそ

TOP > 味噌 > 二年熟成味噌『ほまれ』

二年熟成味噌『ほまれ』

最も長い熟成期間を経て
出来上がる最高級味噌。

「ほまれ」は、米五の味噌の中でも最も長い熟茂期間を経て出来る味噌です。2度の夏を越すことによって塩なれし、大豆の旨みが一層増します。しかし、その間職人はかたときも気を抜くことはできません。

味噌の塾成の進み具合に気を配り、その都度蔵の最も適している場所へ移動させます。蔵を熟知している片岡工場長だからこそ生み出せる味なのです。

※粒味噌タイプのみです。


甘い ←-|-→ 辛い 麹歩合 塩分
─ ─ ● ─ ─ ─ ─ 12.7 12.1%
味噌の情報
  • 福井県の名水の里「大野」の限定生産コシヒカリ
  • 北海道の減農薬栽培大豆
  • 天日塩(塩分12.1%)
  • 原材料:米、大豆、食塩
  • 賞味期限:製造日より3ヶ月

みそ味の筑前煮

みそソムリエが教える おすすめレシピ

みそ味の筑前煮

材料(2人前)

  • 鶏もも肉…125g
  • 人参…1/2本
  • レンコン…200g
  • しめじ…1/2パック
  • 水…180cc
  • 酒…大さじ1と1/2
  • みりん…大さじ1/2
  • 醤油…大さじ1/2
  • 絹さや…2本
  • 塩…小さじ1

作り方

  • 鶏肉は余分な油を取り除いて一口大に切る。
    人参は乱切りにする。レンコン皮をむいて乱切りし、冷水にさらしておく。
  • 鍋に油を熱し、鶏肉を入れて表面の色に焼き色をつけ、人参、レンコンを加えて2分ほど炒める。
  • 水、酒、みりん、醤油、砂糖を加え煮立ったらアクをとり、しめじを加える。
  • 煮汁が半分以下に減ったら、落し蓋をして弱めの中火で柔らかくなるまで煮る。(約20分)
  • 煮汁でみそを溶いて加え、煮汁が少なくなるまで煮詰めて完成。
  • 最後に塩茹でした絹さやを彩りに飾って完成。

ワンポイントアドバイス

ほまれは煮物との相性がいいです。
最後に味噌を入れることで風味を逃がさず美味しく食べられます。

商品一覧1 件 〜 5 件 [ 全5件中 ]

ほまれ 500gカップ

ほまれ 500gカップ

1,296円(税込)

ほまれ 1kg

ほまれ 1kg

2,484円(税込)

ほまれ 量り売り

ほまれ 量り売り

2,484円(税込)



ほまれ 500gカップ×3個

ほまれ 500gカップ×3個

3,790円(税込)

ほまれ500g カップ×6個

ほまれ500g カップ×6個

7,387円(税込)

お客様の声

お客様の声募集中!

前回は天保2年を試しました。天保2年もとても気に入りましたが、今回は気になっていた「ほまれ」にしました。言葉では上手く表現出来ない位美味しいお味噌汁を家族で堪能しました。このままではあっという間に無くなってしまいそうです。
K・Bさま
通常は「蔵」を長年頂いておりましたが今回おうち時間ということでおいしいと噂の「ほまれ」を購入し、いただきました。熟成されたお味噌のおいしさに大変感動いたしました。ダシが要らないくらいうまみが多く、とくに野菜などの甘味も引き立たせてくれます。そのままキュウリにつけて頂いてもとてもおいしいです。
絶対に我が家に必要な1品となりました。おススメしたいお味噌です。
K様
ほまれの500gカップ入りを購入いたしました。
お値段も高いですけど、お味噌汁がとても美味しかったです。
主人も子供たちも気に入ったみたいで、喜んでいました。
神奈川県 U.Sさま
始めは「馬鹿ばやし」味噌を愛用していましたが、「味噌ほまれ」にめぐり合いその香りと、味に惚れました。
我が家では、家内が病弱のため、毎日ヘルパーさんに助けられていますが、調理のとき決まって言う言葉があります。
『このお味噌の香りいい香りですね』と。

とても、自慢しています。私達から出る言葉は『幸せだね。』という言の葉です。
千葉県 M.Oさま