創業天保2年 永平寺御用達 米五のみそ

TOP > 米五の味噌とは > 米五のみその特長

米五のみその特長

お味噌汁を一度も飲んだことがない方でこのホームページをご覧になっている方は、あまりいらっしゃらないだろうと思います。皆さんそれぞれに、ご自分の味噌の味をお持ちでしょう。

全国には1000近くの味噌屋さんがあります。味噌の種類は何千と言う数になるかもしれませんね。その中であなたにぴったりのお味噌が見つかればそれに越したことはないですね。
まずは味噌の分類を大まかにやってみましょう。

味噌は麹の原料によって、米みそ、麦みそ、豆みそに分類されます。米五の味噌はその中で米みそに分類されます。
また、その中で麹の割合や塩分の割合、熟成期間などにより、甘みそから辛口みそまで、さまざまに分類されます。その分類と主な産地を表したものが以下の表になります。

みその分類

横スクロールで表全体が閲覧できます。

原料による分類 味や色による分類 主な産地 麹歩合 塩分% 香りと味
米みそ

近畿各府県と岡山、広島、山口、香川 15〜30 5〜7 かるい甘い香り
まろやかな甘味
東京 12〜20 5〜7 香ばしい甘い香り
濃厚な甘味



淡色 静岡、九州地方 8〜15 7〜12 さわやかな香り
さっぱりした甘味と辛味
徳島、その他 10〜15 11〜13 発酵した香り
のびのある甘味と旨味



淡色 関東甲信越、北陸、福井(米五のみそ)、その他全国に分布 5〜10 11〜13 発酵したさわやかな香り
さっぱりとした旨味のある甘味と辛味
関東甲信越、東北、北海道、その他ほぼ全国各地 5〜10 11〜13 発酵した濃厚な香り
濃厚な旨味と調和した辛味
麦みそ 甘口みそ 九州、四国、中国地方 15〜25 9〜11 淡い麦味噌特有の香り
甘味と旨味の調和した味
辛口みそ 九州、四国、中国、関東地方 8〜15 11〜13 濃い麦味噌特有の香り
甘味と旨味の調和した濃厚な味
豆みそ   中京地方(愛知、三重、岐阜) 全量 10〜12 豆味噌特有の香り
濃厚な旨味

米五の味噌は上の表でいうと辛口と甘口の中間くらいといえます。

全体的に米どころと言う事もあって、米麹の割合が多いのが特長です。また、麹に使った米粒が見える「麹味噌」が多いのも特長です。

米五の味噌の種類

米五の味噌の中でもさらに以下の表のように分けられます。これは原料の産地や配合率、熟成期間によって変わります。

米五の味噌の塩分表
甘口








中辛
味噌名 塩分 麹歩合
白味噌 4.9% 28
極味(きわみ)馬鹿ばやし 11.9% 15
杜の歓び 10.9% 13
天保2年 11.6% 12
ほまれ 12.1% 12.7
星宵 12.1% 9
越前こうじ味噌 12.1% 9
12.3% 11

(麹歩合=(米麹又は麦麹の重量)÷(大豆の重量)×10)

塩分が甘口辛口を決めます。塩分が同じなら麹歩合が多いほうが甘口になります。

また、麹がたっぷりで、その麹の原料の良さを際立てるために、麹もそのままの形の味噌が米五の味噌の特長ですが、もうひとつ、長い間、この土地で味噌を作りつづけているために、蔵に住み着いた菌が、その蔵独特の味を出すことになります。これが味噌の蔵ぐせと言われます。

以上のような基準で米五のみそをお買い上げ頂ければと思っております。
必要なら、今お使いの豆味噌に少し混ぜるとか、甘みそに混ぜるなど、いろいろな用途をお楽しみください。